人気ブログランキング |

こんにゃく煮物

a0200624_0205616.jpg

実家の群馬はこんにゃくの名産地として有名だが、子
供のころにそんなにこんにゃくを食べた記憶がない。
大人になってさしみこんにゃくやら、田楽などを食べる
機会があり、美味しいものだと認識した。
あの黒い色は海藻でつけているとTVか何かでみて、て
っきり芋の色だと思っていたのでビックリしたのも最近
のこと。
今年はお正月用に特におせちといったものは
作らなかった。が、お店でふとたまこんにゃくを
みて、逗子の先生にお正月のおせちメニューの
中で習ったこんにゃくの煮物を作ってみたくなり
久々に挑戦。

こんにゃくだけでは寂しいので早煮こんぶも一緒
に煮て結びこぶにしてみた。
このこんにゃく煮は漬けるだし汁?煮汁を先に作っ
て沸騰させあとは火を切ってこんにゃくをそのまま
つけ置きするだけなので簡単、しかもしっかり味が
しみて良い塩梅になるという優れもの。
地味〜な絵柄だが、箸が進む総菜だと思う。
by 2011-Leaf | 2016-01-29 10:19 | 料理 | Comments(0)

a0200624_0511446.jpg

最近、ちょっとした乾物がマイブーム。お店でつい乾物に
目が行って買ってしまう。切り干し大根もあちこちの店で
買って何をそんなに買って作るんだ!というくらい。
いわゆる切り干し大根の煮物も好きなのでそれをつい作って
しまうがネットやらで検索するとそれ以外のレシピも結構
でてくる。今回ははりはり漬け。これはこの割り干しの袋の
裏に書いてあったレシピで作ってみたがすごく簡単であらびっ
くり。
水で硬めに戻して、調味液に昆布と唐辛子と一緒につけるだけ
で出来上がった。
やはりある程度大根が太くないと感じがでないので割り干しが
最適なんだと思う。地味な絵柄だがおススメ。
by 2011-Leaf | 2016-01-26 10:48 | 料理 | Comments(0)

油揚げ

a0200624_0114144.jpg

油揚げは良く料理に活用する。和え物、煮物のちょ
っとした味だしコクだしにも使用するし、お肉の代
わりに炒め物に使ったり。安い時に多く購入して
冷凍しておけば必要分だけ使用することも可能
(冷凍のままカット、解凍して切るということが
必要ないので)なので便利に使っている。
今回の料理は小松菜と油揚の煮浸し。小松菜だけだと
ちょっと物足りないので油揚をプラスして旨味を
出すようにした。

そういえば、油揚げというといなり寿司がすぐに頭に浮かぶ。
お稲荷さん(狐の使い)の好物が油揚げなのでいな
り寿司なのか、油揚の色がきつね色なのでそこから
お稲荷さんをもじったのか、どちらなのだろうか?
主役も脇役もいろいろな使い方ができる食材だ。
by 2011-Leaf | 2016-01-21 10:10 | 料理 | Comments(0)

割り干し大根

a0200624_2322187.jpg


大根の美味しい季節。煮物やサラダなど生の大根を
使っていろいろできるが、ここはあえて乾物の割り
干し大根を戻して切り干し大根(煮物)を。
細いタイプの切り干しではなく太いしっかりした割り
干しなのでメンマのように食べごたえのあるものに。
干し大根もいろいろ種類があるので同じメニューで
作っても食感やら味やら違って面白いと思う。
次は、はりはり漬けに挑戦するつもり。
by 2011-Leaf | 2016-01-19 10:19 | 料理 | Comments(0)

a0200624_23252738.jpg

ほうれん草が美味しい時期だが、料理となると鍋に入れるか
おひたしにするか、和え物で使うかとさほどレパートリーが
増えず‥‥。しかし、いま時期濃い緑の野菜をと思うと(葉も
ので)小松菜かほうれん草かになってしまう。そうだ、ナムルだ!
と思ったのだがただ和えるだけではなく、炒めて和えてみようと
と思い立ち、人参をごま油でいため、そこへ茹でたほうれん草を
入れ、塩、醤油等で味付けして擂り胡麻を入れて炒め完成させた。
これが温かくても、冷めても美味しかった。
ナムル?または炒め物の胡麻よごし?といった感じ。
あえて呼ぶなら安易な命名で、人参とホウレンソウの炒めナムル。

おススメだ。
by 2011-Leaf | 2016-01-15 10:24 | 料理 | Comments(0)

a0200624_002316.jpg

日本は世界各国の料理が入って来ていて様々なジャンルの
料理を食べることができる。しかも割合あっという間にその
国のレストランがあちこちに増え、気軽に食べにいけるので
便利だ。タイ料理もそのひとつ。すこし前(10年以上か?)
まではそれほどお店が無かった気がするが、いまではちょっと
した繁華街や学生街では必ずタイレストランがある気がする。
日本人にとっても、好みに合う味付け(パクチーが駄目な人も
多いが)らしく結構浸透していると思う。◯印良品のレトルト
食品の中でもグリーンカレーは人気だそうだ。
で、前に作った青唐辛子のペーストで久々のグリーンカレー
を作ってみた。竹の子、人参、パプリカ、エリンギ等と、本来
鶏肉を入れるところ栃尾揚げを入れ、ココナッツミルクと豆乳
を入れて作った。
これはこれで美味しくあっさりした感じのタイカレーで私の好み。
残念なことにパクチーを買い忘れた。
by 2011-Leaf | 2016-01-12 10:59 | 料理 | Comments(0)

塩きんぴら

a0200624_2322362.jpg


2016のこの冬は暖冬で過ごし易く、寒がりな私にとってはあり
がたい冬なのだが、例年通りの寒さがこないといろいろ不都合が
でてくるところが多いだろうなとも思う。スキー場しかり、冬物
の品物を作っているところしかり。
野菜等にも影響が出ているのだと思うが、都会で暮らすものには
そういったもろもろの影響はよくも悪くもさほど強く感じられず
過ごしている。思い返してみると子供時代、私の田舎の川では、
両端の水が凍っていたのを良く見かけたが、最近は地球温暖化で
そんなことはほとんど無くなった。徐々に変わっているんだなと
思う。

さて話は変わるが、今回の料理は塩きんぴら。
きんぴらは金平と漢字で書くが、どういう由来でこの名前なのかと思
っていた。油で炒めるからオランダからの伝来ものでカステラのよう
にあちらのものかと。ぐぐってみたらどうも違うようで金太郎(坂田
金時)の息子/金平(かねひら)から名付けられたと。(江戸時代の
浄瑠璃の主人公金平に由来)
ごぼうを使うので歯ごたえの強さや精がつくというので強いものを金
平と重ね合わせたとか。いまでは油で炒めて醤油とみりん等で味付け
るとすべてがきんぴらに。

これは蓮根とエリンギの塩きんぴら。
こちらはごぼうも使っていないし、醤油の味付けでもないので
もはや当初のきんぴらとは違っているが(笑)。味付けは塩と酒
とみりん、風味つけに醤油ひとたらし。写真は濃い口を使ったの
で色が濃くなってしまったが、薄口ほんのちょっぴりで良い。
by 2011-Leaf | 2016-01-07 10:20 | 料理 | Comments(0)

塩パン

a0200624_23522787.jpg


新年あけましておめでとうございます。

今年はお休みの日取りの関係でどこももう仕事が始まっているようです。
かくゆう私も仕事が始まり、お正月という気分があまりないような正月
休みでした。今年も細く長くこのブログとお教室を続けることを念頭に
やっていくつもり。皆様おつきあい願いますようお願いいたします。
さて、今日の写真のパンは塩パンというもの。地粉で作りました。
地方のパン屋さんで開発?して、地元で人気になり、あちこちのパン屋
さんでも作られるようになったとか。
バターロールとフランスパンをハイブリット?で掛け合わせたようなイ
メージ。形も三日月型にしてみました。強火で焼くので端がカリッとした
食感になり、中はもっちりした感じになります。
by 2011-Leaf | 2016-01-05 10:50 | 料理 | Comments(0)