人気ブログランキング |

カテゴリ:器・道具( 7 )

ガラスの絵皿

a0200624_12311485.jpg

私の大学時代に在籍した科でお世話になった助手の方が現在ガラス作家と
して活動されていまして先日、表参道のギャラリーで個展をされました。
いつも工房にこもって制作されているし、なかなか会えないので個展には必
ず足を運ぶようにしています。
主に作っているのはガラスのレリーフ状の作品なのですが、アクセサリーや
壁掛け時計、器なども作られます。
で、今回私が気に入って頂いたものがコチラ。
白いガラスの上に青の絵の具で絵付けしてあってパッと見、伊万里焼きのよ
うにも見えます。
すごく細かい絵付けがされていてビザンチン?様式の天使がモチーフ。
一瞬で魂をもっていかれました。5枚ほどあって絵柄が少しづつ違っていま
してその中からこの天使を連れ帰りました。日常で使うこともできるそうで
すが、私は飾りにするつもりです。これで先日の記事に書いたように期せず
して、冬に飾るオブジェが揃ったかな?と。
by 2011-Leaf | 2012-09-30 12:30 | 器・道具 | Comments(0)

飾るオブジェいろいろ

ここのところ、料理ばかりアップしていましたのでちょっと違った話題で。
玄関先や窓辺などに飾るオブジェに最近は惹かれています。花など植物も
いいのですが、いかんせん我が家は暑いので切り花などは日持ちせず、夏
はあっという間に萎れてしまう感じです。
そんなこともあり(私がめんどくさがりなのが一番の要因)、寒暖関係なく
、お世話もいらないで(苦笑)置いておけるオブジェが気になるのです。
で、一応春夏秋冬に合うものを集めようとしてましていまのところ3ケ集ま
りました。

春  おうちのオブジェ。この形がCMでやっている某住宅メーカーのアイコンのイラ
   スト に似ている気がして親近感を覚えて買いました。ちなみに我が家もその住
   宅メ ーカー(笑)、「ハーイ」と言っているように見える。

a0200624_12451552.jpg


夏  船のオブジェ 白磁、やや青磁っぽい涼しそうな質感と船が夏らしいかなぁと。
   割合重くて(裏が空洞に抜いてない)、ペーパーウェイトにでもなる感じ。

a0200624_12454311.jpg


秋  鶏のオブジェ なんだか子供が作ったような感じですが味があって。

a0200624_1246467.jpg



あとは冬のオブジェが見つかればと思っています。こうしてみるとすべて焼き物で硝子
とか鉄とかではないですね。やはり次も焼き物か、石ものでもと思います。

でも、断捨離したのにまた物を増やしてる自分にそろそろ渇を入れねばなりません。
そろそろ、まずいなぁ・・‥。
by 2011-Leaf | 2012-08-26 12:43 | 器・道具 | Comments(0)

いや、あの、今更なんですがこれを実家で買いまして使いはじめました。

THERMOS 真空保温調理器 シャトルシェフ 1.6L 【2人用】 クリアブラウン KBB-1600 CBW

THERMOS (サーモス)


ゴールデンウィークに帰ったときに私も使ったんですが、これがすごくいいです(当社比)。

実家には介護の必要なものがおりまして、食事にも気を配らないといけないのですが(塩分と

か柔らかさとか)柔らかく煮るとか、味を染み込ませるとかいうのにはもってこい。

もちろんエコでもあるので、ちょっと火にかけて煮てやってあとはほっておけば出来あがるの

で調理時間も短くすみ、空いた時間でパパッと出来るのでとても便利です。

保温時間も相当長いので一晩おいてもまだ十分温かい状態で、びっくりしました。

実家に帰ると私が調理担当になるのでとにかく毎日なにかしらこれで作ってました。

大きいサイズもあるようですが実家では一番小さいサイズを使っていまして4人分位充分でき

ます。

私もこちらに戻ってきて思わず買ってしまいましたが、小さいのでさほど場所いらず。

なんかシャトル〇ェフの回し者のようでアレですが、オススメ。
by 2011-Leaf | 2012-05-17 12:41 | 器・道具 | Comments(0)

鍋敷き

a0200624_12365268.jpg

なぜか、鍋敷きが気になります。ここのところ2つばかり増やして
しまいました。どちらも骨董市で手に入れたもの、どのくらい古い
のかはまったくわかりませんが、生活骨董なのでさほど古くはない
かもしれません。
白い方はたまたま行った観光地でやっていた小さいイベント骨董市
で手にいれ、黒いほうは大きい骨董フェスで手に入れました。

たしかイギリスで買い付けたと店のご主人はいっていましたが、
(白い方はフランスか?)まぁ大きさとデザインとで選択。
熱いものをテーブルに置くときに大活躍ですが飾っても楽しいです。
ただ、オチがありまして、黒い方は良く見たらメイドイン台湾でした。
イギリスで仕入れたらしいのに、デザインもそれっぽいのに。
なんか若干アレ?って感じです(笑)。
by 2011-Leaf | 2012-03-13 12:40 | 器・道具 | Comments(0)

古いもの

古いものに何故か惹かれます。食器や道具、江戸時代~昭和初期ぐらいまで。
デザインなのか持っている雰囲気なのか、多分両方相まって好きなんだと思
います。佇みというか、長い年月を経て持つ風格というか(もちろん現代も
ののシャープな感じも好きなんですが)、人間も同じだと思いますが。
若いころが良かったとかあの頃に戻ってやり直したいとか、人によっては思
うかもしれませんが、私は今が一番と思うし、思いたいです。
大変なこと、苦しいことやはり生活していて出てきますし、あの時、違った
選択をしていたらきっと違う人生にと思うことがあるかもしれません。
でも、やっぱり結局は今の自分とそう変わらないのではないかと思うのです。
いい雰囲気のある大人(充分年齢的に大人ですが、( ̄∇ ̄*)ゞ)になりたい
なぁと、その為の年月が古さであり、佇まいかなぁと(人間も物も)ふと思っ
たり。

ちょっと話がそれました。古いもの好きということで骨董市などに出かけます。
すごく古いもの、割合最近のもの、玉石混交で見ていて面白いし、本来の使い
方と違った使い方でよみがえるものもあります。
あっ、でも洋服とかお人形とかはダメ。デッドストックものなら洋服も大丈
夫ですが、なぜかそれは佇まいというよりコワさが先にたつんです。

a0200624_10233455.jpg

先日行った骨董市で見つけたお皿。いままでの自分の持っている器の中にはな
いタイプで浮くかなぁと思って迷ったのですが(3回くらい、お店を行きつ戻
りつした)、一つくらい違ったものがあってもいいだろうと思いきって購入しま
した。(せっかく断捨離したのに元も子もない、あぁ、イカンと思いつつ)
a0200624_1023565.jpg

桃の絵付けがカワイイのですが(←カワイイ成分ゼロの私にはめずらしい)古さ
と佇まいとあいまってただ可愛いと違った独特な感じです。しかも中国ものなの
でなんか日本のものと雰囲気が違う感じがします。どういう使い方をしようかた
だいま検討中。
by 2011-Leaf | 2011-07-28 12:36 | 器・道具 | Comments(0)

ピッチャー

a0200624_1027314.jpg

いろんなタイプのピッチャー(カラフェともいいますね)があると思い
ますが、私が惹かれるのはガラスのタイプ。
涼しげな感じとガラスの透明感が何ともいえず好きです。ピッチャーが
いくつもあっても何ので今のところ持っているものはタイプの違う2つ。
背の高いほうは北欧のものだと思うのですが一応多少古いもの、もうひ
とつの透明なものは現代作家のものでよく見ると薄~い黄褐色のような
色が感じられます。
背の高いグリーンのほうはお水とかでもいいと思うのですがオレンジジ
ュースなどが合う感じ、透明なほうはアイスティーや麦茶などが合うな
と思っています。
節電の夏なので、見た目だけでも涼しくいこうかと。しかし、暑い。



PS パン教室のご案内は下にあります。暑いので涼しく皆様に感じて
  いただけるよう工夫を考えております。また基本の丸パン最後の
  回になります。次回のパン教室はこの丸パンを作ってみたことが
  あるほうがベターだと思いますので、興味がある方はどうぞご参
  加ください。まだ空きがございます。
by 2011-Leaf | 2011-07-11 10:34 | 器・道具 | Comments(0)

スプーン(スッカラク)

a0200624_12335198.jpg


韓国のスッカラクと呼ばれるスプーンです。韓国料理を食べる際
にでてくるのでおなじみですが、柄が長いので料理とかで使うの
に非常に便利です。ビンの底のものをすくったりかき混ぜたり。


右側のものは古いもの、何十年かたってるとのお店の人の談、形
が多少いびつで手作り感がいっぱいです。趣があって好きです。

左側のものは先日、会社の方にいただきました。韓国旅行に行く
というのでお土産で何がいいか聞かれ真っ先にスッカラクをリク
エスト。

ただ、柄の部分にガラなどが入っていないシンプルなものがほし
いとずうずうしく注文をつけてお願いしたらリクエスト通り、ステン
レス製のシンプルなものを買ってきてくれました。

向こうではガラ入りの他のスプーンを強力に勧められたらしいの
ですがこれがいいんですと押し切って買ってくれたようです(笑)
by 2011-Leaf | 2011-06-22 12:14 | 器・道具 | Comments(0)